マーべロン 低用量

マーベロの低用量ピルとして

マーベロンは、服用することによって避妊効果をえられる低用量ピルです。

 

マーベロンに配合されている有効成分は、少ない量の黄体ホルモン薬と卵胞ホルモン薬なので、体にやさしいといえるでしょう。

 

低用量ピルという名前があるということは、他に中・高用量ピルがあるということになります。

 

名前だけの印象では、含まれている用量が多い方が避妊の確率がアップすると思ってしまいそうですが、ピルは妊娠しないという目的を果たすのと同時に、体への負担を配慮することを考えなくてはなりません。

 

国内では、現在当たり前のようにマーベロンなどの低用量ピルが利用できますが、以前は認可が下りていませんでした。

 

低用量ピルではなく中・高用量ピルならあったのですが、月経トラブルや無月経、月経不順などと診断された患者さんに対して、治療目的に処方されるものでした。

 

避妊したいときには、中・高用量ピルを代用させていたのです。

 

中・高用量ピルは低用量ピルとは異なり、多くの有効成分が配合されているため、その分副作用もひどくなっていました。

 

中・高用量ピルを摂取していると、むくみや気分の悪化などの副作用に悩まされます。

 

現在では、低用量ピルが認可されています。

 

使用目的は避妊が主なので、必要最低限のホルモン量に抑えながらも、妊娠しないという希望を実現してくれます。

 

低・中・高用量ピルの線引きは、どのように区分されているのでしょう。

 

配合されている卵胞ホルモンの量で分類されています。

 

低用量ピルは、含まれている卵胞ホルモンの量が50マイクログラム未満です。

 

中用量ピルは含有量が50マイクログラム、高用量ピルは50マイクログラム以上となります。

 

他のピルと比べて副作用が少なく、体にやさしい低用量ピルですが、その分もし飲み忘れたら妊娠する確率が高いので注意が必要です。

 

飲み忘れが1日以内ならいいのですが、2日以上になると使用をいったん中断し、他の避妊方法も取り入れなければならなくなりますから、忘れないように気をつけましょう。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21