マーべロン PMS

マーベロンでPMSの正しい対処法

多くの女性が毎月直面する悩み、それが生理や「PMS」ですね。

 

この時期は着る洋服や行動に制限があるので精神的、身体的にツライ時期だと思います。

 

さらにプライベートや学生生活、仕事上でのストレスを考えると正直「やってられない…。」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

でも、一方で生理は女性にとってとても大事な「妊娠」や「出産」につながることなので上手に付き合っていきたいですね。

 

そんな、女性の方でしたら大きな悩みの種であるPMSとその対処法について考えていきたいと思います。

 

まず、PMSとは何かという所から軽く触れていこうと思います。

 

PMS(Premenstrual Syndrome:月経前症候群)は生理の約2週間前位から分泌されるホルモン(プロゲステロン)などの影響によって体調が不安定になる状態のことを言います。

 

具体的な症状を上げると下記のようなものがあります。

 

【身体的症状】
・手足や顔のむくみ
・眠気
・頭痛
・ニキビ

 

【精神的症状】
・イライラする
・集中力がなくなる
・不安な気持ちがつよくなる

 

上記以外にもいろな症状がでると言われています。

 

本人にとってはつらいこれらの症状ですが、周りから見るとまだ「体調がすぐれないのかな」位で考えてもらえたらまだいい方ですが、「なんか機嫌が悪いな。」とか
「やる気ないんじゃないの?」と捉えられかねません。

 

女性同士なら事情を話せば理解してもらえるかもしれませんが、男性にはあまり話す気にもなれませんよね。

 

そのため何か工夫をしている人が多いのではないでしょうか。

 

様々な対処法があると思いますが、ここでは「ピル」(一例としてマーベロン)を使った対処法について触れていきたいと思います。

 

これからとりあげる「マーベロン」という薬品は低用量ピルと呼ばれるホルモン剤で避妊薬としてよく使われるものです。

 

ピルを服用することでエストロゲンとプロゲステノーゲンというホルモンを体内に取り入れることができます。

 

このエストロゲントプロゲステノーゲンというホルモンは妊娠している時に分泌されるものなので、避妊効果や生理痛PMSの改善につながるのです。

 

またニキビや多毛症に悩む方にも効果があるようですよ。

 

しかし、一方でマーベロンには頭痛、吐き気、不正性器出血、体重増加や血液を固まりやすくする副作用があることが確認されています。

 

また似たような避妊剤でまだ日本では認可されていない薬品もあります。

 

この点がデメリットといえると思います。

 

PMSや生理は精神的にも体調的にもつらいので「マーベロン」などのピルを取り入れるのもいい考えですね。

 

しかしピルを服用するということは、体内で分泌されているホルモン以外にプラスして取り入れていくことなので副作用などが心配な方はぜひ一度病院で相談してから慎重に使用してほしいと思います。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21