マーべロン モーニングアフターピル

マーベロンはモーニングアフターピルとして使えるのか

皆さんはピルを使用したことがあるでしょうか。流通しているピルには多くのものがありますが、ホルモンの含有量などの違いからいくつか区分があります。

 

モーニングアフターピルという薬品を知っているでしょうか。

 

モーニングアフターピルとは緊急避妊薬と呼ばれる薬品で、アフターピルという名前でも知られています。

 

性交時に避妊に失敗した場合や様々な理由から妊娠を望んでいないのに避妊ができなかった場合に服用する緊急用の避妊法です。

 

性交をしてから72時間内に1回、または、12時間後に再度1回飲むものです。
(薬品により異なります。)

 

上記が一般的に緊急避妊薬と呼ばれるものですが、この文章では、避妊薬としてよく使われている「マーベロン」がモーニングアフターピルとして使用できるか考えていきたいと思います。

 

プリベンという緊急避妊薬がありますが、これは72時間以内に2錠、12時間後に再度2錠飲むように規定されています。

 

マーベロンの場合は通常の避妊薬で、また第3世代ピルで副作用を抑制するためにホルモン量を調節してあるため、通常の緊急避妊薬と比較すると多少量を多めに服用する必要があります。

 

服用するタイミングは他の緊急避妊薬と同じですが、72時間以内に3錠、12時間後に再度3錠飲む必要があります。

 

つまり、緊急避妊薬の代わりにマーベロンで対処することは可能です。

 

しかし、マーベロンは通常の使い方だと1日1錠服用するピルです。

 

緊急避妊薬として使うのも一つの方法だとは思いますが、通常より量が多い分、副作用の影響も大きくなる可能性があることを念頭に置く必要があります。

 

マーベロンにはいくつか副作用があり、頭痛、不正性器出血などが該当します。

 

また重要なものには血圧の上昇や血栓症の可能性が高まる恐れがあります。

 

これらの点も考慮してピルを選んでいただきたいと思います。

 

また服用時に気になる症状が出た場合は早めに医療機関への相談をお勧めします。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21