マーべロン 緊急避妊

マーベロンの緊急避妊の方法

マーベロンの基本的な使用は、毎日同じ時刻に1錠を飲むというものです。

 

低用量ピルとして摂取するものなのですが、緊急避妊法として代用する飲み方もあります。

 

妊娠の可能性があると分かった直後に、実薬のマーベロンをまず3錠服用します。

 

それから12時間経過したら、再びマーベロンを3錠飲んでください。

 

合計で6錠のマーベロンが必要ということになります。

 

マーベロンの緊急避妊法を行うことでは、どんな副作用が予想されるでしょう。

 

実際に試した方の約50%は吐き気の副作用があり、さらに嘔吐の症状もあったという方もいます。

 

吐き気や嘔吐以外には、胸が張る、めまい、むくみ、頭痛などの症状があったということです。

 

緊急避妊が必要になったら、婦人科のクリニックを早めに受診してください。

 

緊急避妊薬は、一般的に72時間以内の服用が必要だからです。

 

直後に摂取するほど避妊できる効果が高く、いくら72時間以内であっても時間の経過に比例して妊娠してしまう可能性が高まってしまいますから、そのことを踏まえた上で早めに行動を起こしましょう。

 

コンドームを使用しているから大丈夫という方でも、破れたり外れるなどの予期せぬ事態が起きたとき、緊急避妊薬の存在をしっていれば心強いものです。

 

信頼できる特定のパートナーとしか性交渉を持たないという方でも、性犯罪などの被害にあい、望まない妊娠をする可能性がないともいえませんので、正しい知識があれば自分を守ることにつながります。

 

マーベロンは本来低用量ピルなので、緊急避妊目的で6錠を摂取したあとでも、残りを無駄にすることなく利用し続けることもできます。

 

マーベロン1シートは数千円ですが、緊急避妊薬として作られたものは15,000円〜20,000円など割高なので、コスト面でもメリットがあるのではないでしょうか。

 

緊急避妊薬は、この価格で1回分です。

 

緊急避妊薬が必要にならないよう普段から男性任せにせず、女性も正しい知識を身につけて自分の体を守りましょう。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21