マーべロン 不妊治療

マーベロンと不妊治療との関係性

既婚女性の中には不妊で悩んでいる方も多いでしょう。

 

結婚すると周囲から「こどもはまだなの?」と聞かれる機会が増えてきます。

 

周囲の人たちは何気なく言っているのかもしれませんが、特に子供が欲しいと思っている女性には結構プレッシャーになりますよね。

 

自分でも子供ができないと悩んでいるのに人から言われると「またか…。」と思ってしまうこともありますね。

 

デリケートな問題なのでなかなか周囲にも相談できない方も多いのではないでしょうか。

 

不妊治療にも色々な方法がありますが、ここでは、排卵誘発剤やホルモン治療薬などピルを使用した治療法について触れたいと思います。

 

本文では一例として「マーベロン」について述べていきます。

 

まず、「マーベロン」という薬剤について知っていますか。

 

マーベロンは定量用ピルというとして多くの人たちに使用されていますが、一般的には避妊薬という印象ではないでしょうか。

 

しかし、マーベロンには避妊以外の効果もあるのです。

 

基本的にホルモンのバランスを整える薬剤のためニキビ治療やPMSなどにも効果があります。

 

そして不妊治療にも用いられます。

 

しかし、不妊治療には様々な要因があるため、一言でマーベロンが有効とは言い切れません。

 

マーベロンが有効な例だけ記載します。

 

基礎体温を測ったことがある人はわかると思いますが、通常基礎体温は低温期と高温期の2段階にグラフがわかれます。

 

ところが中には2段階に別れないことが不妊の原因につながっていることがあり、実際に婦人科の病院に行くとマーベロンが処方される患者さんもいます。

 

マーベロンには黄体ホルモン(女性ホルモン)が多く含まれているため、卵巣の機能が改善される可能性があるのです。

 

一方で、マーベロンにも副作用があります。たとえば、吐き気、頭痛、体重増加などがあります。

 

また重要な副作用として血栓症の可能性が高まります。

 

少しでも「不妊かもしれない」と悩んでいる方の中にはピルで解決できる方もいるかもしれません。

 

しかし現在は多くのピルが流通し、中には認可されていないピルも販売されています。

 

健康なあかちゃんを産むためにも一度基礎体温をつけて、病院に通院されることをおすすめします。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21