マーべロン 早める

マーベロンで生理日を早める方法

ほとんどの女性が月経の影響で毎月悩まされていると思います。

 

特に長期休みが取れて旅行しようかと話がでたのに「1,2日前にきちゃった。。」何てことになると他の人たちは海、温泉、プールなど…楽しんでいるのに、一人だけ入れないのはさみしいですよね…。

 

しかも生理中はイライラしたり、体調が優れなかったりで体調が万全ではないので正直あまり旅行を楽しめません。

 

皆さん一度は体験したことがあるのではないでしょうか。

 

近くのプールくらいならともかく、旅行は楽しみたいですよね!

 

本文では、ピルを使用し生理を早める方法について触れていきたいと思います。

 

まずピルについて簡単に説明したいと思います。

 

流通しているピルにはいくつか種類があるのですが、今回は「マーベロン28」で書いていきます。

 

「マーベロン28」とはこれは一般的に避妊薬として使用されている薬剤で、白い錠剤と緑の錠剤がセットで処方されます。

 

白い錠剤は実薬、緑の錠剤は偽薬と呼ばれています。

 

通常の使用方法では、生理初日から21日目まで実薬を飲み、22日目から28日目まで偽薬を飲みます。

 

偽薬の服用を開始して数日以内に出血がはじまります(消退出血)。

 

ピルを使い始めたばかりの人の場合、初日から数日間は軽く出血することが多いようです。

 

そして早める方法ですが、実薬の数で調整します。

 

上記で述べたように、通常は実薬を21錠服用するのですが、例えば1日遅らせたい場合は、実薬を20錠服用した時点で偽薬に以降します。

 

そして偽薬が終了したら、また新しいシートの1錠目からスタートします。

 

このように何日生理を早めたいかに合わせて、実薬の数を減らしていくことで生理を調整することが可能です。

 

しかし、使い慣れていない方やあまりにも大幅にずらそうとすると失敗する可能性もありますので使用方法を正しく理解してから使用してください。

 

また「マーベロン」には不正性器出血、頭痛、肥満などの副作用があります。

 

重大なものとしては血栓症のリスクが高まる可能性があるので一度病院で診断を受けてからの使用をお勧めしたいと思います。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21