マーべロン トリキュラー

トリキュラーとの違いとは

低用量ピルは、マーベロン以外にトリキュラーという製品などもあります。

 

マーベロンは一相性ピルですが、トリキュラーは階段型三相性と呼ばれるタイプの低用量ピルです。

 

トリキュラーは、日数によって服用する錠剤のホルモン含有量が、3段階に分かれています。ホルモンの量は徐々に多くなっていきます。

 

トリキュラーは、日本で処方されていますし、海外でも製造・販売されています。

 

安定性の高さから病院によって低用量ピルと言えば、トリキュラーを処方される人が多いようです。

 

病院を変えた場合マーベロンを処方されていたのに、トリキュラーに変わったと言う人もいるようです。

 

トリキュラーからマーベロンに変わったこと、また反対にマーベロンからトリキュラー二変わると不安を覚える人もいるでしょう。

 

トリキュラーへ移行しなければならなくなった、というケースがありました。

 

トリキュラーとマーベロンの違いについて説明したいと思います。

 

トリキュラーとは・・・

 

レボノルゲストレル/エチニルエストラジオール

 

含有ホルモン量が徐々に増加するタイプの第2世代3相性の低用量ピルです。

 

マーベロンとは・・

 

デソゲストレル/エチニルエストラジオール

 

含有ホルモン量が一定の第3世代1相性の低用量ピルです。

 

マーベロンはどれを服用してもホルモン量が同じです。

 

トリキュラーは徐々にホルモン量が増加するので、順番通りに飲んでいかなければなりません。

 

トリキュラーは28日間分が、1シートになっています。

 

曜日や矢印が印字されていますから飲み間違える心配はないでしょう。

 

月経の1日目から、トリキュラーの服用をスタートします。

 

最初の6日間は茶色い錠剤です。

 

茶色を全部飲み終わったら、次の5日間は、白色の錠剤を服用します。

 

白色を飲み終えたら、次の10日は、黄色い錠剤を服用します。

 

最後の7日間は大粒の白い錠剤である偽薬を服用します。

 

大粒の白い錠剤は偽薬なので飲み忘れても体に影響はありません。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21