マーべロン マーシロン

マーシロンも知っておこう

女性にとって妊娠や出産は今までの生活プランを見直さなければならないほど、影響のあることですね。

 

既婚者は望んでいる妊娠の場合が多いですが、学生や社会人の場合は仕事や色々な事情のため、「今は妊娠しても育てられない…。」という方もいると思います。

 

もちろんすべての人にとって大切なことですが男性以上に女性にとって避妊することは重要なことだと思います。

 

世の中には、避妊薬や避妊具など数多くの避妊法が存在します。「避妊」という観点で考えてみると、一般的な避妊法の中では割と避妊が成功する可能性が高いと言われていますが、いわゆる性病を防ぐという点ではあまり有効ではないという意見があります。

 

また他の避妊具とは違い内服薬のためためらう人も多いのではないでしょうか?

 

そこで代表的な避妊薬「マーベロン」と「マーシロン」のメリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

 

◆ピル「マーベロン」と「マーシロン」の概要

 

ピルにはいくつか区分があり第1〜3に分類されます。

 

マーベロンは第3に属する「低用量ピル」で、マーシロンは第3.5に属する「超低用量」ピルです。

 

この2つの薬品の成分に関しては特に大きな違いはなく、避妊効果も変わりません。

 

マーシロンはマーベロンの改良版と言えるでしょう。

 

ピルを飲用すると男性ホルモン(アンドロゲン)の副作用により男性化(ニキビ、毛が濃くなる)するといったものもあります。これは女性にとっては結構悩みの種だと思います。

 

しかしこれは第2に区分されるピルなので、今回取り上げるマーベロンとマーシロンとは別物です。

 

そこは安心できるのではないでしょうか。

 

◆「マーベロン」と「マーシロン」の違いについて

 

先ほども述べたとおり、マーベロンとマーシロンの2つには大きな違いはなく、基本的な成分は類似しています。

 

違いを上げるとするならばエチニルエストラジオールというホルモン剤がマーベロンよりマーシロンの方が少ないことです。

 

ホルモン剤が含有量が少ないので副作用(体重増加、むくみ、吐き気など)がでにくいことがマーシロンのメリットと言えるでしょう。

 

この点を上げるとマーベロンよりマーシロンの方が良いように聞こえます。しかし、成分的には大きな違いはありませんが、マーシロンは日本ではまだ認可されていないのです。

 

認可されていないため、個人輸入での購入が必要になります。

 

また病院を通じての処方ではないので安全性に関しては保障できるとは言いづらいと思います。

 

一方マーベロンは認可されている薬品です。

 

◆共通する副作用

 

マーベロンとマーシロンで共通の副作用は吐き気、頭痛、不正性器出血や体重増加があります。

 

また重要な副作用として「血栓症」があるといわれています。これは避妊薬に含有されるエストロゲンが血液を固まりやすくする効果があるためです。

 

避妊薬は実際に服用するもので、またホルモンへの影響もある薬品です。

 

避妊薬を検討している方は上記のメリット、デメリットを熟考して必要であれば病院で相談して安全第一で日常生活に取り入れて欲しいと思います。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21