マーべロン ファボワール

マーベロンとファボワールの主成分について

マーベロンは、避妊するために配合されたホルモン量を、ぎりぎりまで抑えられた低用量ピルです。

 

マーベロンと同じ主成分の薬剤を探してみたところ、ファボワールという錠剤がありました。

 

富士製薬工業株式会社のファボワールも、一般的に避妊にするために利用されています。

 

ファボワールの主成分はエチニルエストラジオールやデソゲストレルが使われているということで、マーベロンと同じです。

 

ファボワールは卵胞が育たないように抑制する効果で、排卵を防ぎます。

 

妊娠するためには子宮内膜にある程度の厚みが必要ですが、これを抑えることで着床阻害作用を発揮します。

 

子宮頚管粘液の性情を変えて、精子が通過しないよう阻害する働きもあります。

 

これらの複合的な作用から、妊娠を予防できるわけです。

 

ファボワールの飲み方を調べてみると、基本的にマーベロンと同じようです。

 

生理が開始する第1日目から服用を開始し、同じ時間に毎日ファボワールを1錠、続けて21日間飲みます。

 

休薬期間として、7日間なにも飲みません。

 

合計28日間が過ぎたら、妊娠したくない間は再び新しいシートへと移行します。

 

服用しそこなったときの対処法も、マーベロンと同様のようです。

 

飲み忘れが1日以内であれば、その分の1錠を毎日飲んでいる時刻を待たずにすぐ服用します。

 

あとは、通常どおりに同じ時刻に1錠を摂取してください。

 

飲み忘れが2日以上に至ったときは、次の生理が開始するまでファボワールを服用せず、他の避妊方法で妊娠を防ぐことになります。

 

不安なことがあれば、薬剤師や医師に相談すればしっかり対応してくれるでしょう。

 

避妊法は長期間に及ぶことが多いでしょうから、ときには体調不良になることもあります。

 

例えば嘔吐や下痢が続いたときは、欠かさずファボワールを飲んでいても、体内に有効成分が吸収されにくくなるものです。

 

成分は吸収されなければ避妊効果が発揮されませんので、別の避妊方法も行うことで、妊娠を防ぐようにしましょう。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21