マーべロン 体温

マーベロンを服用したら体温は上昇するか

避妊するためにマーベロンを服用し始めてから、体温が上昇しているという体調の異変はないでしょうか。

 

マーベロンを飲むようになってまだ数日程度なのに、基礎体温がずっと高いままで下がらず、風邪を引いているなど他の原因が特に見当たらない場合、不安に感じられるかもしれません。

 

体温が高い状態のまま下がらないのは、マーベロンに配合されている成分に原因があります。

 

マーベロンには、黄体ホルモン剤と卵胞ホルモン剤が配合されています。

 

黄体ホルモンには体温を上げるという性質があるため、マーベロンを飲んでいる期間の基礎体温が少し高くなるケースがあるということです。

 

マーベロンは低用量ピルなので、中用量ピルや高用量ピルよりもホルモン薬の配合量がかなり抑えられているのですが、それでも体温が高くなる場合があります。

 

マーベロンで避妊されている複数の女性が、飲み始めてから基礎体温が高くなったということです。

 

心配な方は、薬剤師や医師に相談をして専門家から直接説明を受ければ、安心して使用を続けやすくなるかもしれませんね。

 

体温が高くなっても、マーベロンを服用することに心配はありませんが、注意した方がいいケースはあるのでしょうか。

 

血栓が作りやすくなるという特徴がありますので、もし血栓性の病気だと診断されたことがある方には処方されません。

 

手術をしたあとなどの時期は安静が長期的に必要ですから、このようなときにも服用を控えることになります。

 

年齢が35歳以上で、喫煙習慣があり、毎日15本以上吸っているという方も、マーベロンは処方されないことになっています。

 

現在病気の治療中という方で、子宮ガンや乳ガンなど、女性ホルモンの影響を受けて症状がひどくなる場合には、マーベロンを飲まないでください。

 

マーベロンには、避妊効果のある複数の女性ホルモンが配合されているからです。

 

マーベロンは通販などでも手に入りますが、病気など心配なことがある方は医師に相談してもらい、安全性を確認した上で通販を利用してみてはいかがでしょうか。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21