マーべロン 処方

マーベロンの処方箋はもらうべきか

マーベロンはには避妊効果があります。避妊したい女性が服用する薬です。

 

また、仕事や旅行などの都合で生理日を遅らせたい場合などがありますよね。

 

そんな場合にもマーベロンは有効です。

 

マーベロンを使用すれば生理日をコントロールすることができます。

 

マーベロンを使用したい場合はどうすればいいのでしょうか?

 

使用したい場合には、医師に相談しましょう。

 

マーベロンは日本国内では医師の処方が必要な薬です。

 

ですから、マーベロンを日本で処方してもらうためには、医療機関で診察を受けなければならないのです。

 

マーベロンにはマーベロン21とマーベロン28の、2種類があります。

 

どちらが適しているのかは医師と相談のうえ決めることになります。

 

マーベロンには他の薬やサプリメントと同時に処方してはいけないものもあります。

 

使用するときには、医師の指導のもと、用法用量を十分に守って使用することになります。

 

病院やクリニック等の医療機関でマーベロンを処方してもらうとき、まずは、診察を受けます。

 

問診票が渡されるので嘘やごまかしなど無く、正直に記載しましょう。

 

アレルギー反応があったり、持病があったりなど、医師に伝えておかなければならないことはきちんと伝える必要があります。

 

診察後にマーベロンが処方されたらマーベロンを受け取ることが出来ます。

 

ココで注意しなければならないことがあります。

 

マーベロンは健康保険が適用しない薬です。そのために全額自己負担となるので費用はかなりかかってしまいます。

 

少しでも安く手に入れる方法もありますよ。

 

費用を抑えたいならマーベロンの製造・販売が認められている海外から、個人輸入する方法があります。

 

病院で処方してもらうよりもはるかに安価で手に入る方法です。

 

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても可能です。

 

個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が認められているのです。

 

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21