マーべロン 保険

マーベロンは保険適用はされるのか

皆さんはピルを使ったことがあるでしょうか。

 

ピルと聞くと避妊薬のイメージがありますが、実はPMSの改善、ニキビ治療、月経困難症など様々な治療薬として使用されています。

 

ただ、この様に需要のあるピルなのですが、まだ認可されていなかったり、保険対象外だったり…という理由から結構値段が張ります。

 

特に認可されていないピルの場合は、個人輸入で購入している人が多いのが実情ではないでしょうか。

 

そこでピルと個人輸入のリスクについて考えてみたいと思います。

 

ここでは「マーベロン」という薬剤を例にとって書いていきます。

 

ピルというと認可されているものもありますが、まだ数が限られていて値段設定も高めです。

 

ここで例に出す「マーベロン」も認可はされているので病院で医師から処方箋を出してもらえれば購入可能です。

 

薬局にもよりますが、2000円〜3000円程度と言われています。

 

しかし継続して服用するにはやはり負担が大きいですよね。

 

このような経緯から個人輸入で購入する人も多いのです。

 

個人輸入のメリットを上げると、病院で購入するより安い値段で購入できることや近くに病院がない場合でも注文可能ですね。

 

またピルの選択肢が増えるという点もメリットです。

 

しかし、個人輸入の場合ですと専門知識の無い素人が個人の判断で購入することになるので完全に自己責任になってしまいます。

 

例えば、副作用で体に異変が起こった場合に病院での説明が大変ですし誤った服用法で望まない妊娠をする可能性もあります。

 

海外からの購入の場合は、説明書が外国語であったり、配送中に変質したりする可能性も否定できません。

 

一方、病院で購入すれば事前に問診や検査を受けることが可能です。

 

そのため、服用をしてはいけない人もその時点で気づけますし万が一、副作用が出た時もすぐに経緯がわかるので安心ですね。

 

病院でも、個人輸入でもこのようなメリットやデメリットがあります。

 

体を大事にするためにも上記を熟考して購入の際は判断をしてほしいと思います。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21