マーべロン 飲み忘れ

マーベロンを飲み忘れた場合について

マーベロンの避妊効果を確実なものにするためには、やはり飲み忘れないことが一番です。

 

飲み忘れてしまった場合には、正しい対処法を実践するようにしましょう。

 

マーベロンは、飲み始めてすぐに効果が現れるわけではありませんから、1週間は別の避妊方法を行うことが大切です。

 

逆にマーベロンを服用していても、妊娠したいという気持ちに変わったときには、飲むのを中断することで次第に生理や排卵が自然と回復します。

 

中断するだけで、他に必要なことはありません。

 

マーベロンは、同じ時間に毎日1錠を摂取するピルです。

 

マーベロン28とマーベロン21の、2種類があります。

 

名称の最後についている数字は、1サイクル28日間の中で薬剤を服用する日数を現しています。

 

どちらのタイプも、シートに記されている順序に従って飲んでいけば錠剤の種類を間違えるミスはありません。

 

避妊作用の成分が配合されているのは21日間のみで、マーベロン28の残りの7日分はプラセボ錠というニセモノの錠剤です。

 

有効成分が含まれていないなら、プラセボ錠を服用する意味がないと思われがちですが、これこそが飲み忘れの防止に大変有効なのです。

 

マーベロンの飲み忘れは、1日以内であればすぐにその1錠を摂取し、あとは通常どおりの服用に戻ればいいのですが、2日以上になると使用を中断し、次の生理がきてから再会しなければならなくなります。

 

飲み忘れていると妊娠する可能性が高まりますから、他の避妊方法が必要です。

 

マーベロンを飲み忘れると、避妊効果がなくなるということ以外に、副作用が発症する可能性も考えられます。

 

飲み忘れによる副作用は、不正出血です。

 

不正出血することは、マーベロンの使用を開始した時期にも多く見られます。

 

原因は、一時的にホルモンの環境が変わるからです。

 

服用開始当時の副作用は、不正出血以外にも乳房痛、乳房の張り、頭痛、吐き気などもあります。

 

体が慣れてくる2ヶ月〜3ヶ月後くらいにだんだんと症状が緩和していきます。

 

飲み忘れによる不正出血は体の慣れとは無関係なので、忘れないようにすることで防ぎましょう。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21