マーべロン 飲み方

マーベロンの飲み方のポイント

服用して避妊を行うピルのマーベロンは、飲み方がとても簡単です。

 

低用量ピルの多くは、シートが1サイクルで飲み終わるように作られており、プリントされている順番に従って1日1錠服用します。

 

低用量ピルの種類によっては、生理開始日から数えて何日目かにより配合されているホルモンの量が異なるものがあります。

 

そのタイプは飲み方の順番を間違えないように慎重に取り扱わなければなりませんが、マーベロンは1相性タイプなので、成分の割合が21錠全部同じになっています。

 

マーベロンは、マーベロン21とマーベロン28の2種類があります。

 

名前につけられている数字は、1シートの錠剤数を現しています。

 

28日間で1サイクルとし、この周期ごとに1シートを消化していきます。

 

毎日同じ時間に1錠を服用するという飲み方はどちらも共通しているのですが、マーベロン21は7日間分少ないということで、この7日間は錠剤の摂取をお休みすることができます。

 

マーベロン28では、マーベロン21でお休みしている期間になにを飲んでいるのかというと、有効成分がなにも配合されていないニセの薬(プラセボ錠)です。

 

プラセボ錠は緑色をした錠剤で、避妊効果がある錠剤は白色をしていますので、一目でわかるように作られているところが親切です。

 

飲み方の順番がしっかりシートにプリントされていますので、どちらの色がプラセボ錠かを忘れてしまっても、問題ありません。

 

生理がスタートする1日目から、1シートを飲み始めます。

 

シートを全部飲み終わって、次の生理がこなかったとしても、新たなシートを飲み始めてください。

 

妊娠したくない期間中、これを繰り返していきます。

 

確実に妊娠しないためには、飲み忘れないということが一番重要なのですが、頭でわかっていてもうっかり忘れてしまうことがあるでしょう。

 

そのようなことを防ぐために、マーベロン28のプラセボ錠があるのです。

 

マーベロン21を選べば7日間の休薬期間がありますが、休むよりも服用を確実に習慣化できるマーベロン28の方が飲み忘れの予防に有効です。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21