マーべロン 飲み合わせ

マーベロンの飲み合わせの注意を確認

マーベロンは低用量ピルという薬剤である以上、飲み合わせに気をつける必要があります。

 

低用量という言葉からわかるように、避妊効果を発揮できる範囲内で、必要な成分をできる限り抑えて作られています。

 

他の成分の影響を受けて、避妊効果が弱まってしまうことがないよう、飲み合わせの注意事項を守りましょう。

 

避妊する期間は人それぞれですが、数年と長くなることも珍しくないので、その間に具合が悪くなって治療薬の服用を余儀なくされる機会もあるはずです。

 

歯科で処方される薬剤でも、風邪薬でも、ピルを飲んでいる間は薬剤師や医師に服用中であることを伝えて、正しい処方をしてもらってください。

 

飲み合わせた場合に、その薬剤の効果が高まり過ぎてしまうのは、胃潰瘍や胃炎の治療薬であるオメプラゾール(オメプラゾン、オメプラール)、喘息治療薬テオドール(テオフィリン)免疫抑制薬シクロスポリン(ネオーラル、サンディミュン)、パーキンソン病に処方されるエフピー(セレギリン)三環系抗うつ薬、各種副腎皮質ホルモンのプレドニン(プレドニゾロン)などです。

 

飲み合わせた場合に、その薬剤の効果が低下してしまうのは、鎮痛薬MSコンチン(モルヒネ)、アセトアミノフェンという解熱鎮痛薬、ラミクタール(ラモトリギン)という抗てんかん薬、スプレキュア(ブセレリン)という子宮内膜症の薬剤、各種血糖降下薬などです。

 

飲み合わせた場合に、マーベロンの効果が強くなり過ぎるのは、アセトアミノフェンという解熱鎮痛薬、ブイフェンド(ボリコナゾール)やジフルカン(フルコナゾール)という抗真菌薬などです。

 

飲み合わせた場合に、マーベロンの効果が弱くなり妊娠してしまう可能性が高まるのは、抗エイズウイルス薬、各種抗生物質、セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)という健康食品、フェノバール(フェノバルビタール)、テグレトール(カルバマゼピン)、アレビアチンやヒダントール(フェニトイン)などがあります。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21