マーべロン バファリン

マーベロンとバファリンとの併用

読者の中にはピルを常用、もしくは必要に応じて服用している方もいるかと思います。ピルは通常避妊薬として使われていますが、実は他の症状に対しても使われることが多いのです。

 

例えば、月経困難症、不妊治療、PMSやニキビ治療などが挙げられます。

 

この様な病名を聞くと実は結構な割合で服用しているのではないか?

 

という気がしてきますね。

 

よく使われる薬剤と言われると他の薬品との飲み合わせは大丈夫なのかと疑問がわくのではないでしょうか。

 

今回は、よく服用されている2つの薬品「マーベロン」と「バファリン」について考えていきたいと思います。

 

まず「マーベロン」は知っている方も多いと思いますが、一般的には避妊薬です。

 

上記で述べたとおり様々な症状に利用されていて、認可もされているため比較的人気のあるピルです。

 

一方、バファリンは解熱鎮痛薬です。コマーシャルでもよく流れているため大抵の人は知っているでしょう。バファリンは頭痛、生理痛、肩こり、腰痛、発熱の対処で使用されます。バファリンの使用対象を見て分かるとおり多くの人が悩んでいる症状が占めています。

 

つまり、同じタイミングでマーベロンとバファリンを使用する可能性が非常に高いということです。

 

まずバファリンですが、バファリンを飲んではいけない対象として次のようにあげられています。

 

 ・15歳未満の小児
 ・出産予定日12週以内の妊婦
 ・血栓予防のお薬を服用している人
 ・胃潰瘍の治療を受けている人
 ・過去にバファリン(アスピリン)を飲んで喘息を起こしたり、
  アレルギー症状が出た人
             (市販の頭痛薬の特徴と選び方ガイドより)    

 

 

市販薬なので基本的には、飲み合わせは大丈夫ですが、胃に疾患がある、アスピリンのアレルギーがある、もしくは血栓予防の薬剤を服用している人にはお勧めできないとのことです。

 

上記の内容を見ている限りではピルとの飲み合わせは問題なさそうです。

 

次に、マーベロンですがこちらはエストロゲン依存性腫瘍(乳がん、子宮がんなど)などの症状がある人は服用に制限があるようです。

 

また避妊効果を求める場合は、抗生物質と一緒にのんではいけないとの記載があります。

 

避妊効果が不要な場合は、特に一般的な市販薬に関しては問題ないようです。

 

上記のように、基本的にはマーベロンとバファリンに関しては飲み合わせに問題はなさそうですが、他の薬品に関しては詳細が不明です。

 

飲み合わせで心配のある方は、医療機関で相談をすることをおすすめします。

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21