マーべロン

飲み続けるのは21日間の避妊薬マーベロン21

>>マーべロン21の正規品はこちらから<<
マーべロン21

 

マーベロン21(Marvelon21)は、服用するタイプの避妊薬です。

 

21日間毎日同じ時間に、1日1錠飲み続けます。

 

1シート分がなくなったら、その後の7日間はなにも服用しません。

 

薬剤を飲む21日間と、なにも飲まない7日間の、合計28日間のサイクルで継続していきます。

 

マーベロン21の休薬期間が終了して、再び服用を開始しなければ、もちろん妊娠する可能性がでてきてしまいますので要注意です。

 

飲み忘れて妊娠することを防ぐには、休薬期間にもピルを摂取する習慣を継続させるマーベロン28がオススメです。

 

マーベロン28には、7錠のプラセボ錠(ニセモノの錠剤)が入っています。

 

シートに印字されている順番に従って毎日飲み続けていれば、自分で日数をカウントしなくても間違えることがなくなるでしょう。

 

飲み忘れていたことに気が付いたとき、どうすればいいのでしょう。

 

それが1日であれば、摂取するはずだった分の1錠剤を早めに服用し、本来飲むはずの錠剤も予定通りに飲みます。

 

服用を忘れて2日以上経過していたときは、次の生理がくるまで完全に使用を止めましょう。

 

マーベロンが使用できないこの期間は、他の避妊方法を行ってください。

 

ただし、マーベロン28を飲んでいる方で緑色の錠剤を飲み忘れた場合は、ニセモノの薬ですから飲まないままで大丈夫です。

 

同じ時間に毎日飲むので、1日の中で今日は飲んだかどうかと分からなくなることはまずないでしょうが、もし間違って1日に2錠摂取してしまったときは、薬剤師や医師に相談しましょう。

 

マーベロン21は、主成分にエチニルエストラジオールやデソゲストレルを配合したピルですが、妊娠している可能性がある方や、授乳中の方、他の薬剤を服用中の方などは、あらかじめ薬剤師や医師に伝え、安全に利用しましょう。

 

治療薬を飲んでいるときは、双方の配合成分を打ち消し合って避妊効果を弱めてしまったり、逆に強くしすぎて体に副作用をもたらすことにつながりますので、確認を取ってから服用することが大切です。

 

 

 

>>マーべロン21の安全な購入はこちらから<<
マーべロン21

28日間続けて服用する避妊薬マーベロン28

>>マーべロン28の正規品はこちらから<<
マーべロン28

 

マーベロン28(Marvelon28)は、28日間継続的に服用して避妊をするタイプのお薬です。

 

黄体ホルモン薬と卵胞ホルモン薬を、それぞれ少量ずつ配合したピルとなります。

 

排卵を抑制させる作用を発揮することで受精しないように働きかけ、それが避妊効果へとつながります。

 

他には、頚管粘液や子宮内膜にも効き目がある薬剤です。

 

マーベロン28は、毎日同じ時間に1日1錠服用します。

 

生理が開始した1日目より、服用をスタートしてください。

 

マーベロン28の1シートには、2種類セットになっています。

 

白い色の錠剤は直径5mm、厚さが2.9mmの剤形で、最初はこちらから飲み始めます。

 

白い錠剤を21日間飲んでなくなったら、次は緑色の錠剤です。

 

緑の錠剤は白い錠剤より0.1mm薄く、7錠入っていますので7日間連続で服用しましょう。

 

ニセモノ(プラセボ錠)なので、もし服用を忘れても妊娠してしまうことはありません。

 

プラセボ錠なのに、どうしてわざわざ7日間も飲まなければならないのかというと、次の白い錠剤を服用するタイミングでの飲み忘れを防ぐためです。

 

手帳やカレンダーに書いておけば、飲み忘れることなんてないと自信がある方には、マーベロン21というシートが発売されています。

 

マーベロン28はマーベロン21と違って、休薬期間が全くありません。

 

しかし、意味のないプラセボ錠をコツコツ飲み続けるということが、飲み忘れを防止するのです。

 

飲み忘れて妊娠してしまったときに、本来なら必要がないはずの緑色の錠剤が、いかに重要な役割を持っていたのかにハッとさせられることでしょう。

 

多忙な時期など、うっかりすることは誰にでも起こりうることす。

 

特に避妊薬を始めて利用される方は、マーベロン28から慣れていき、生活の中で確実に習慣化させた方が安心ではないでしょうか。

 

マーベロン28を1シート飲み終えたら、生理があるかないかに関係なく、次のシートを飲み始めてください。

 

 

>>マーべロン28の安全な購入はこちらから<<
マーべロン28